スポンサーサイト  【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




幸福な一マンガ読みのインクのしたたり  【テヅカごと】
↑今年も「ローマ人の物語」文庫版刊行の季節ですね(悔しいけどやはり買ってしまうんだよなぁ…くっ)


9月に入ってからこっち、
ぼくのそんごくう オールカラー復刻版 に酔わされっぱなしの日々です。
やっばい。やっぱり、かわいい。なんだこれー。
超!原色でギラギラしてて反則な配色だってーのに、
ありえないですぜこのきゅんきゅんロマネスク!神さまめ!
おかげ様で、をたむカラーを一から復習しなおそーて気分が上々で、
本棚をひっくり返してます。どったんばったん、ざざざざー(←なだれが起きた音)


さて、そんな感じで今日も今日とてガツガツと頁をめくっていました ら。
ふと目に留まったものが、ありました。

82年製作の「マンガ博覧会82’」ポスター。
(※公式で探したら、小さいけど画像がありました)

これ、恐ろしい小ささで恐ろしい作品数のキャラクターが描かれてて
しかもそれらが全て、手塚先生の筆による超そっくりお絵描きだという、
まっこと恐ろしい神業のポスターなんです が。

今回、改めて見直してみてふと、「82年」という年代が気になったり。

だって82年といえば… あれだ。
「キャプテン」のTVスペシャルとTVシリーズのちょうど狭間の年で
「キャプテン」「プレイボール」のJSCも全巻出揃ってて、
ちば先生は「ふしぎトーボくん」連載真っ最中でらして
そろそろアニメシリーズの話も動き出してる頃 なのでは?

…て事はもしや… もしや…っ

と思い、今までになくじっくりがっつり眺めてみました、ら。ば。

・・・・・・
・・・・・・・・や

ややややっぱり、いた。
い ま し た だ。

手塚先生の描かれた「キャプテン」っ子が!(震)

しかも、

谷口さんでもイガラシでもなく 丸井 ですよ皆さん!!

思わず、写メちゃったじゃないですか、神さまめ!(問題が出たら消します…)


ユニフォームの「墨二」の「二」の字が抜けてますが
確かに丸井です。
 手 塚 先 生 の 描 か れ た 丸井です。じぃーん。
「タイガー博士」のトラオちゃんが、
”手塚先生が丸井を描かれたらこんな感じかな~”なんて
こっそりこじつけてトキめいてた私に、ありえないほど強烈な直球攻撃!

(話は逸れますけど、「タイガー博士」って
 ”ナイン全員のポジションと名前が描かれてる”という点では
 手塚マンガの中でもかなり貴重な作品なのでは…?
 うーん、他にもあったかしら。今度探してみよう)


をたむカラー探求の旅が、思いもかけない副産物をもたらしてくれました。
ああ全くもー、これだから、その恐ろしい作品量の中に
恐ろしい罠をたくさん仕掛けておいてくださる、神さまめ!
もういいですかんぱいですだいすきですあいしてます・・・

書き連ねてる、をたむカラー雑感については、また次回まとめま~す…。





※このポスターを大きい画像で見たい方は、
 「COMIC BOX」89年5月号「ぼくらの手塚治虫先生」が
 オススメです(今回本棚をあさった限りでは、これが一番大きかった)
 ↑単行本のカラー画像の豊富さとか、すごいメンツの対談とか、資料的にも読み物的にも好きな一冊。
 手に入りやすいものなら、秋田書店の「手塚治虫全史」。ちと小さいですが。

スポンサーサイト






▼ マァ猫 --- 2006/09/19
ま、丸井!しかも手塚先生の描いた丸井っ!
こんばんは。もうまんま興奮して写メ画像をじぃぃぃぃっと
眺めてしまったマァ猫です。そ、そうですか。手塚先生の目に留まったのは
谷口さんでもイガラシでも近藤でもなく丸井でしたか。
何だか妙に納得してしまいました。線とか動きとか一番漫画っぽいかも。(笑) 
くるりん眉毛とか手が頭の上とかあの走り方とか・・・完全に漫符ですよね。
そんな丸井がまた大好きです~。(笑顔)

「ぼくの孫悟空」・・・この丸っこい線でオールカラーって至福かも知れない。
小さい頃飽きずに見た「絵本にダイブ」の感覚・・・からくりさんの誘惑に負けそうです。
手許で眺めながらからくりさんのカラー論・拝聴したいところです。うーんうーん。


▼ からくり@管理人 --- 2006/09/20
も、もう、これは興奮せずにはいられませんよね!
昔ジャンプで、手塚先生が読みきりを描かれてる号(=ちば先生とご一緒されてる号)
を観るだけでも、血圧が確実に上がるっていうのに、
先生の手でちば先生キャラで、しかも丸井だなんて、か、神さま…!
専修館病で墨谷っ子で丸井大好きっ子ですが、手塚の血もまた恐ろしく濃いからくりです。
というか、もっと早くこのポスターを見直さなかった自分にへこたれです。もーっ
だけど、手塚先生が選ばれたのが丸井。というのには、私も妙に納得です(笑)
丸っこさとか動きとか、手塚先生の線に一番なじみそうな子ですもんね。
丸井の42%は漫符でできています。
(残り58%は、世話焼きと義理人情とおせっかいとうっかり… と「谷口さーん」)←…
そんな丸井が、大好きです(にっこり)

「ぼくの孫悟空」オールカラー!
もう、もう、長年復刻を待ちわびてた一作なだけに、総天然色の眩しさにくらくらです~。
そうそう!まさに「絵本にダイブ」の感覚なんですよ!ほわわー
今回、手塚先生のカラーをあらためて観直してて、少女モノと少年モノとのカラーの違いとか
初期から中期への移り変わりとか、いろいろ感じたことがあったんですが、
「ぼくの孫悟空」のカラーはまた、それぞれのカラーのイイとこどり* な感じがして…
とりあえず、値段以上の価値は保証できる1冊としてオススメしておきます(誘惑・笑)。うふ!






▼ マァ猫 --- 2006/09/22
絵板のほうの「フラットXX」(このタイトルにも、うっと鳴った人は正直に挙手!
はーいはーい!)の、夜宵さんも仰ってる色使いと振り分け・・・もしかして
「ぼくのそんごくう」のオールカラー版の少年ものカラーの(おもうところ)について
実践されます?ちょーっと気になったので突っ込んで聞いてみます。(笑)
ぼくのそんごくう予約しましたよ。給料日ぎりぎり・・・きゃっ。


▼ 夜宵 --- 2006/09/23
ま、マァ猫さんそれ実は私も気になってました…(笑)。
「つ、突っ込もうかな…どうしようかな…」と思って悩んで結局やめちゃったのですが(←我ながら呆れかえるチキンぶり)
あっさり聞いてしまうマァ猫さんったら…!(爆・笑!)

先日神保町の中●書店漫画部で「サボテン君」のオールカラー本を拝読しました。
すごいカラーリングにはわ~ってなりましたよー。ほわわん。
やっぱりちば先生も完全版、実現してほしいですよね。


▼ からくり@管理人 --- 2006/09/24
エスパー二人からの、Wツッコミきたーーー!!(笑)
なんかもー、お二人には何も隠せる気がしない。勝てる気がしない、です。

は、はい~。おっしゃる通りです。
テヅカカラーについて考えてたら、頭がすっかりカラーモードになっちゃって…
ブログに今度まとめたい文と少し被るんですが、初期~「ぼくの孫悟空」まであたりの
手塚先生のカラー…、印刷技術がまだ発達して無いころの
「4色の版を重ねて印刷してる!」てのが丸わかりのカラー(そこがいい)の、
版の跡が判る印刷だからこその、色の冒険(いや、冒険でなく先生の素かもしれませんが)を
アレコレしてるのが改めて、もーホンットにいいなぁいいなぁ!と思えちゃいまして…

それで、絵板でのフラットシリーズは基本的に「1枚に1色塗りつぶし」で決めて描いてたんですけど
これの変化形で、同じような平面的な色塗りでマンガにしたら面白いかなーなんて思いついて… えへへ
結果出来た絵はテヅカカラーとはおよそかけ離れたものになってますけど(笑)、
いつも絵板でマンガ描く時の、2色のみ+トーン塗りという描き方よりも
もしかしたら相性がいいかな~と、ちょっと開眼しました。


>マァ猫さん
わーいわーい!!「ぼくの孫悟空」予約されましたか!やったー!
(↑って、あなたどこの回し者ですか・笑)
私も今月は、この本のおかげでギリギリ生活です…が、
眼福で満腹なので、もういいやーて感じです。悦
ここ数年、テヅカでは「まさか!」てな夢の復刻が相次いでますので、
同じようにちば先生のカラーも復刻されたらいいですよね。
私も、完全版祈願!

>夜宵さん
「サボテン君」のカラーもイイんですよね~。ほわわん
手塚先生の西部モノのカラーは、少年モノの中でもまた独特のカッコ良さがあって大好きです。
舞台が舞台なだけに、フランクで小粋な匂い+
私が長年オールカラーで復刻してほしい~て願ってた作品は、ここ数年でほぼ叶って、
残る大物は「サボテン君」のみなので、これも実現してほしいなぁ!
ちば先生の完全版は、私も熱烈に希望しまーすっ。はーいはーいっ(挙手)
最近、いろいろな先生方の完全版が刊行されてますし、ちば先生のが出たっておかしくないー。
来年の実写版にあわせて、何かしらの動きがあることを期待したいですね。


  ▲PAGE TOP▲




  
■からくり
 直球勝負が大好きです。
 でも変化球も好物です。  
 
 ▼--連絡用-- 



RSS 1.0 || HTML 4.01 || RSS FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。