FC2ブログ

スポンサーサイト  【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ファイト一発エネルギー触媒ER1059!  【テヅカごと】


今年に入ってから、ほとんど女の子を描いてないことに、はたと気づいたので、
これぁいけないこんなの私じゃない!と、こだまちゃんお絵描き(そのチョイスはどうなのかと…)
こだまちゃんの、でっかい蝶々型のヘアバンドって、かわいい。

手塚先生描かれる、中期少女マンガのこの角度のこの線が、超!好きです
少女マンガじゃないけど、ペン公のあんよも大好きです


しかし、手塚先生が描かれる中期少女マンガのオンナノコって、
異形少女は、ちゃーんと正統派ヒロインの道筋を行くのに、
どうしてこう、真人間のオンナノコになると、
いっそ気持ちいーくらいの自分ルール少女になっちゃうんでしょーか...
こだまちゃんなんて、死んだパパのあとをついでカメラマンになる!と宣言して
「女の子だからいけません」と言われたら、
「そうだわ カメラマンのお嫁さんになればいいわ」と、八艘跳び的飛躍発想して
速攻近所のお兄さんに中古カメラ押し付けて、お嫁さんになるわ宣言だもんなぁ… つっよー

「こだまちゃん」は、中流家庭ホームドラマっぽい始まりから
お母さん実は昔密輸団の一味だったのよ てノリで一挙にスリラー活劇になっちゃう
ヲタムてんてー色満開!な少女マンガなんですけど、
なのに中盤、ヒロイン(のはずな)こだまちゃんを誘拐する犯人が
あまりにひどい目に遭わされるもんだから、逆にだんだん可哀想になってきちゃう
のがまた、やっぱりヲタム少女マンガのヒロインなんだと思います。
自分ルール度では、こけし探偵のパコちゃんとイイ勝負だ。


―で、テヅカ異形少女の中でも、珍しく自分ルール少女なのは
ウランなわけでして…

・・・と、言うわけで、ウランが表紙のPLUTO3巻買いました(前フリ長っ)
もちろん、豪華版ですとも、ええ!
オリジナルは毎号買ってるんですが(ヲタ根性)、今回の巻は
カラー塗り足し・描き加えがあったので、お得気分~+ (花畑のシーンのサプライズカラーに涙…)
単行本でもついに、アブーラ博士来日!そしてエプさまご降臨ー!嬉
これで、テヅカサイトさまの各所で、エプさま祭りが繰り広げられるんじゃないかと
期待しても…いいですよ ね? ウキソワ

そして、今回最も期待していた、付録「羅生門」… す、すっごかったです…(感嘆)
描線だけでなく、コマ割・コマ内の構図まで、ここまで”テヅカ”してるなんて… 
おぉぉ 夏目さんがあんなにブログでハイテンションになられるわけだわ。
あー… どこがどうと具体的に挙げられないのですが、読んでるときの視線の流れが
まさしく、70年代手塚マンガを読んでるときのそれで、心底感動してしまいました。
これを描かれたのが、高校1年生って、浦沢先生… マジですか。
す、末恐ろしい子!(いや実際、末恐ろしかったわけですが)


豪華版だと印刷もキレイなので、もうクタクタの切り抜きを読まずにすむ!嬉しい~
と言うわけで、これからまた読み直します。
スポンサーサイト






▼ 光翠 --- 2006/04/08
こんにちは~。
確かに手塚先生の描かれる普通の女の子は
自分ルールの個性派系少女が多いですね。
異形少女が正統派なのに対して、普通少女は
ボーイッシュだったり積極的な強気女のコですし。
それと、「リボンの騎士」のヘケートも異形少女なのに自分ルール少女ですよね。

PLUTO3巻、これを買うまでコメントを控えていた位
素晴らしかったです。
オリジナルで読んでいない部分が
殆どアドルフだったと言うのは秘密です。(…)
やっぱりエプ様は単行本で見ても美しかったです。

「羅生門」凄すぎました…。
背景から老人の描き方まで殆ど手塚調って…。
しかも高1でこれだけ描けるというのは
中学時代の手塚先生の自画像(&写実画)
レベルに匹敵します…よ…。
あまりにも凄過ぎて言うべき言葉が見つからないです。


▼ からくり@管理人 --- 2006/04/10
うーん、
自分的に、ヘケートは「超典型的!異形少女」の中に入ってるんですよね。
フランツとの関係といい、強そうでじつは脆い存在というとろこといい、あの最期といい…
基本的に、「自分ルール」少女ってのは、ボーイッシュとか強気とか…なお転婆ではなくて、
「周りを巻き込むはた迷惑な善意」を持ってる子がそうなのかなぁ、と...
私の言う「自分ルール」少女は、メルモちゃんを基準にお考えいただければ幸いです・笑

「PLUTO」3巻、素晴らしかったですよね!
いよいよストーリーも動き始め(本誌のほうもたった今、怒涛の展開ですが!)
エプ様もご降臨!
…ホント、「降臨」という言葉がふさわしい美しさです、浦沢エプ様…
(やつれたヨハン…と初め思っちゃったのは、内緒です)
付録のほうも、あれを取っておいて下さった浦沢先生と、そして
今回復刻してくれた編集の小粋さに、拍手です!わーっ


  ▲PAGE TOP▲




  
■からくり
 直球勝負が大好きです。
 でも変化球も好物です。  
 
 ▼--連絡用-- 



RSS 1.0 || HTML 4.01 || RSS FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。